分析会社のAutonomous Researchの研究から明らかになったのは、今年の世界のICO活動は90 %以上減少したことである。同社によると、今年初めにICOを通じて調達した資金は約30億ドルで、9月の投資額は3億ドルに達しなかったということです。EOSとその他の大きなプライベートでトークンのデータを考慮していないが、先月のICOの融資規模は1月に比べて88.53 %も減少した。そうでないなら、下落幅は90.7 %に達する。同社は「9月のトークン発行データを除いても、全体的に低下傾向にある」と強調した。