シンガポールのANBI取引プラットフォームは、今日正式に取引を開始し、「マイニングに参加する、マイニングに招待する、マイナーを持つ」というモデルを発表した。マイナー活動期間は、鉱山の難易度に応じて、100 % - 110 %の手数料の割合に従ってプラットフォームコインABBを返し、1人当たりの総取引額は100万USDTが上限となる。鉱山の覇権を守るために大量の偽取引を打ち出すことを防止するため、ANBIのTokenを安定して開放することを保証して、プラットフォームはAPIマイニングを支持しないことを保証して、紹介によると、ANBIのドメイン名「Anbi.com」は1998年に登録して、安全で安定したデジタル通貨を伝えることを意味している。ANBIチームは、「ユーザーの資金の安全を保障するのがラインプラットフォームの未来である」と述べた。