文章を書きます:Paul Versadit、Pantra Capitalパートナーの
翻訳:盧江飛
本文を始める前に、まずビットコインの市場価値が歴史的に高いことをお祝いします。3380億ドルです。また、ビットコインの価格も18,000ドルを突破し、2020年度の高値に触れました。CoinGeckoデータによると、本記事の作成時のビットコインの価格は17,965.18ドルである。疑いなく、新一輪の牛市はすでに始まっています。トレイ先週、Pantra CapitalとAlamediaリサーチ(暗号化された通貨誘導体取引所FTXの背後にある会社)はいずれも中心化流動性プラットフォームBalancerへのAラウンド融資を投じると報道されました。今年の早い時期に、私はBalancerと流動性の採掘を分析するブログを書いたことがありますが、今はもっと多くの新しい考えをすべての人に共有したいです。特にBalancerスマートプールの機能に関するいくつかの内容:
Balancer流動性の採掘のために設計された自動化されたマーカー(AMM)です。本質的に分析すれば、自動化されたマーカーは実はアルゴリズムに基づいて自動取引を行う資産プールです。トレーダーは取引を流動性プールに提出して、小銭の両替費用を支払って、暗号化された資産を別の暗号化された資産に両替します。各Balancerの流動性プールは最大8種類のERC-20トークンがサポートされ、しかも各取引によって流動性のリターンが得られます。本文を書く時、Balancer契約のロック量は約4.2億ドルです。
この前、Balaダンスの流動性プールは二つの種類に分けられています。一つは公有池で、全部のパラメータ(例えば、トークン重み)は流動性プールの創建時に設定されています。そして誰でもプールに流動性を提供できます。もう一つは私有池です。関連パラメータは編集可能です。しかし、誰でもプールに流動性を提供することができます。流動性プールの創建時の住所だけが私有権があります。プール内で流動性を提供します。特定の戦略のための固定化が必要な流動資金プールを考慮して、Balancerは現在、「公有/私有」混合版の流動性プール「スマートプール」(Smart Pool)を発売することを決めました。
ユーザはBalancerスマートプールを作成し、以下のパラメータ変数をカスタマイズできます。
流動性プールに含まれるトークンのセットです。
流動性プールにはトークンごとの重みがあります。
両替費用;
流動性を提供することができます。ETHの住所;
流動性プールの最大資本総額を許可します。
Balancerインテリジェントプールは、インテリジェント契約によって、単一のユーザではなく、制御装置がエーテルブロックチェーン上のリアルタイムデータに反応し、それに応じて流動性プールパラメータを動的に調整することができます。このような方式は流動性プールの応用をより多様化させることができ、トレーダーもトークンの重み、両替費用、取引最大資本総額などの変数を通じてリアルタイム取引データに応答することができます。潜在的な用例として、取引量がますます大きくなる時、両替費用をもっと高く設定してもいいです。ラッシュ時にバタバタと車を呼ぶ時、乗客に「感謝料」を設定させるようにします。最終的には、「スマートプール」は、流動性プールにおける複雑なDeFiアプリケーションをサポートし、これらの流動性プールはカスタム工事挙動に依存しています。より広範に、カスタムおよびオープンソースのポリシーBalancerスマートプールはDeFi分野における大きな進歩と言えます。従来の金融分野では、カスタムおよび共有戦略を用いた投資プラットフォームが爆発的に増加しています。スマートプールを使用して、開発者は既存のプロトコル(例えばBalancer)の基礎アーキテクチャを十分に利用して、特定の用例に微調整し、DeFi業界でより多くの可能性を探ることができる。
Balancerとは何ですか?Balancerはプログラム可能な流動性をサポートする自動化された商業契約です。自動化された市販商人(AMM)をERC-20貨幣の流動資金プールと見なすことができます。だから、取引はすべてアルゴリズムによって行われます。伝統的な取引委託の帳簿(order book)形式で処理する必要はありません。これは知能契約をプログラム設定の要求に従って取引することができますが、Balancer流動性プールの各種暗号化資産は流動性のソースになります。このシステムでは、流動性プールは、その基礎資産の価格と比率を動的に再調整することができる。現在、Balancerの「流動資金プール」では、ユーザーは最大8種類のトークンを提供しています。アルゴリズムサポートの下で、Balancerは市場の変動状況に応じて、トークンの重みを再バランスして価格を設定します。プールで流動性を提供するトレーダーに対して、Balancerはトークンを奨励します。また、流動性プールを使って取引を行う際に、Balancerから受け取った取引費用を比例的に負担します。基本的には、Balancerは、暗号化された資産に預け入れられたユーザーに対して、「無料化メカニズム」を提供し、アルゴリズムを利用してポートフォリオ残高を調整し、トレーダーがストリームを提供することによって、性行為で儲ける。トレイUniiswapなど他の自動化された市場メーカーと比べて、Balancerの主な利点はユーザーが流動性プールに8種類のトークンを提供することを許可することであるが、現在はほとんどの自動化された市場メーカーは2種類のトークンしかサポートできない。本論文の作成時に作成されたBalancerで最大の流動性プールの時価総額は6180万ドルに達しました。この流動性プールはWBTCとWETHに平均的に割り当てられています。また、この流動性プールは8種類のトークンを持っています。市場はもっと広くて、もっと多様な流動性プールに対する需要が大きいです。Balancer管理トークンBALの交易価格は基本的に12.81ドルぐらいで、市価は約8900万ドルです。全体的に言えば、Balancer契約のロック量は約4.2億ドルです。
Balancerスマートプールは何ですか?以前はBalancerの流動性プールは二つの種類に分けられていました。即ち、公有池と私有池です。Balancerの公有池とは、実は人々がBalancerに言及するたびに指している経典の流動性プールです。公有池はユーザによって作成されても、固定属性を持って流動性プールの運転方式を制御することができるが、このような方法は、流動性プールとの公開取引、または流動性プールに資金を預け入れた人が予想される行動を理解できるようにするためである。具体的には、一旦Balancer共有プールが作成されると、ユーザーは共有池内でサポートされている資産タイプ、トークン重み、または両替料を編集できなくなります。率しかし、この固定モデルの流動性プールは、アルゴリズムトレーダーにいくつかの障害を導入することは避けられない。多くのトレーダーは、公有池取引手順の各段階で最適化することを望んでいる。多くの取引の用例にとって、流動性プールのキーメリットは主に2つあります。1つは可変、2つは柔軟です。したがって、Balancerの後に、1人のユーザ(「制御者」)だけが直接的に流動性を提供することができる「プライベートプール」が導入され、また、すべての流動性のプールパラメータに対するユーザの制御権が付与される。流動性リスクは1つのユーザにカバーされ、実質的に1つのユーザによって実行されるので、Balancerは特定の取引のためのさらなる柔軟性を提供することができる。
今、DeFi業界が爆発的に増加しているにつれて、ますます多くの人が中間解決案を探し始めています。流動性プールをより多く制御するとともに、流動資金を透明な形で運営することができ、ユーザーに自分の投入した資金がどのように利用されるかを理解させることもできる。Balancerの「スマートプール」の初心は実はとても簡単です。実はBalancerの前の公有池と私有池の混合です。コミュニティにもっと複雑さと柔軟性をもたらすことを目的としています。
Balancer「スマートプール」は5つの主要変数を持っています。流動性コントローラ(または流動性プールを作成する人)によって動的に変更できます。これらの5つの変数はそれぞれ、
承認トークンです。流動性プールのライフサイクル内でプールに保存できるトークンを制御することを目的としています。
重みを設定する:流動性プールにおける各種暗号化資産の重み付けを制御する。すなわち流動性プールに保有されている各種資産は流動性プールの総価値のパーセントを占める。
両替費用:特定の流動性プールのために両替費用を配置する(または交流する)。これは流動性供給者が特定の池から得たリターンに影響します。
流動性提供者(LP)を制限する:このパラメータは流動性プールコントローラが太坊の住所を白リストに入れることを許可します。これは白リストに加入した流動性提供者が池に流動性を追加できることを意味します。
流動性プールの最大資本総額:このパラメータは流動性プールに預け入れられた最大資本総額を制御します。
インテリジェントプールの外部では、ユーザはリアルタイム取引データを解読し、流動性プールパラメータを調整して、ユーザのニーズを満たすインテリジェント契約ネットワークを構築することができる。実質的には、この解決策は、ユーザがBalancerの流動性プールの基礎アーキテクチャをより簡単に使用できるようにするとともに、完全に流動性プールを制御する動作方式、特に取引の実行について。コントローラが取引中に流動性プールを手動で管理することを望むなら、アルゴリズムに流れ性プールのパラメータを制御させる代わりに、パラメータを手動で変更することもできます。
Balancerスマートプールはどうやって構築しますか?流動性のプールと貨幣両替の設計は非常に複雑ですが、Balancerでスマートプールを作るのはとても簡単です。現在、この機能はベータテスト中ですが、ユーザはこのリンクで新しい流動性プールを作成することができます。
上記のリンクページに入ると、ページ上部の「インテリジェントプール」タイプを選択できます。その後、ユーザーは自分の流動性プールにカスタムパラメータを配置できます。具体的には、
流動性プールにどの資産を追加するかを許可します。
トークンの両替率を確定します。
流動性を提供するLPホワイトリストを設定します。トレイ.上図には一つの全体を作成することを示しています。新しいBalancerインテリジェントプールのインターフェース(出所:Balancer)
Balancer流動性プールの資産見積更新の速度を微調整したいなら、「重みの変更」(Can change)にも入ることができます。weightsオプションは、その後、弾戸が出現しますが、この場合は「最小卒業更新期間(ブロック単位)」のパラメータを変更します。実際には、Balancerは一定量のエーテルブロックを採掘してから権利変更を行う必要があります。
「インテリジェントプール」は結局役に立ちましたか?Balancer「スマートプール」はDeFi市場に非常に興味深いモデルを提供しています。業界は今後この方向に発展するかもしれません。DeFi業界はすでに大きな発展を遂げましたが、大多数のDeFi契約はユーザーに提供された成果です。エネルギー/サービスは依然として非常に限られています。貸与資産、借入資産、資産移転などです。インテリジェントプールは実はオープンソース取引代理店、ユーザーの個性的な配置流動性採掘方案の一歩を踏み出しました。現在は伝統的な金融分野にQuautopian、Robo-Advisorsなどのオープンソース戦略ツールがあります。インテリジェントプールの出現によって、暗号化コミュニティに底層プロトコル機能の設定ができます。
それだけでなく、スマートプールは現在の消費者金融分野に存在する問題を解決できます。その中の一つは「動的価格戦略」です。旅行アプリの共有を例にとると、乗車需要が旺盛な時に、旅行アプリを共有すると乗車料金が上がります。インテリジェントプールも同様の「動的価格戦略」を実施してもいいです。両替料は取引量と価格変動によって変化し、取引量の需要が高い時アルゴリズムによって両替料を増加することができ、資産プールが流動性を持続的に提供できることを保証する。ここでは、インテリジェントプールがリアルタイムデータ(例えば取引量)をどのように利用して流動性プールのダイナミックを調整するかの一例を示しているだけで、将来のインテリジェントプールはさらに彼のより多くの実際的な利用例をサポートすることができると信じている。最後の考えは暗号化された貨幣市場が中心化金融に対する関心が急増するにつれて、DeFi協議はユーザーに対して高度にカスタマイズ可能で多機能なプラットフォームを提供する方法を考えなければならない。Balancerスマート池はBalancer流動性プールの強力な機能の基礎の上に構築され、用例と機能を同時に拡張し、最終的にはカスタム、動的化、ユーザーカスタマイズをサポートする流動性プールとなっている。Balancer流動性プールの資産構造に基づいて、ユーザーは自分の流動性プールを設計して公衆に開放して使用することができます。DeFi市場ではより多くの可能性が開かれています。
カスタムDeFiにおいて、Balancer「スマートプール」は非常に有望なビジョンを見せてくれました。スマートプールは資産交換取引を暗号化するために設計されたものであるが、既存のプロトコルの基礎構造においては、さまざまなDeFiプロトコルの使用状況/挙動に応じてカスタマイズ可能であり、同じ考え方は完全に暗号化ロボットアドバイザー、ローン契約などの垂直領域に応用できる興味深いモデルを提供している。次の数ヶ月間で、DeFi業界はやはりこれまでの爆発的な増加傾向を続けるかもしれないので、この分野でもっと多くの新しいアイデアともっと多くの新製品の変体を見たいです。train.