「Dapp.com」の調査によると、2018年度のDapps(分散型アプリケーション)市場の売上高が、App Store初年度を上回ったという。仮想通貨市場の低迷が続いている裏で、Dapps市場はそれに反して急成長しているようだ。


Dapps市場の2018年度売上高は7300億円に上る

Dapp.comの調査によると、Dapps市場の2018年度売上高は7300億円に上るという。これは、iPhoneのアプリ市場「App Store」が2009年に記録した年間売上高4600億円を37%上回るとのことだ。「State of the Dapps」によれば、現在Dappsの数は2400を超え、日を通してのアクティブユーザーは56,000人に上るとのこと。Dappsとは、「分散型アプリケーション」のことで、ブロックチェーン技術を基盤にしたアプリケーションを指す。狭義では主にゲームや仮想通貨取引所のことを意味するが、広義では仮想通貨の多くがDappsに含まれる。


ゲームと親和性の高いDapps技術

現在、Dappsで注目されているのは、親和性の高いとされるゲームの分野である。今年初め、国内大手ゲームメーカーの「スクウェア・エニックス」もブロックチェーン技術に関心を示していることが明かされており、松田洋祐社長は投資家へ向けた「年頭所感」の中で、ブロックチェーン技術へ言及した。また、2017年11月にリリースされ、イーサリアムブロックチェーンを基盤にする「CryptoKitties」は世界的に人気を博している。これらDappsゲームの普及は、仮想通貨やブロックチェーン技術そのものの普及にも繋がると見る向きもあり、業界内でも重要視されている。


国内のDappsゲーム動向

スクウェア・エニックス以外では、昨年12月、上場企業gumiグループと「double jump.tokyo株式会社」が資本提携を発表。double jump.tokyoは2億円の資金調達に成功した。同社は2018年11月にCryptoKittiesと同じイーサリアムブロックチェーンを基盤にする「My Crypto Heroes」のクラウドセールを実施。売上はわずか1時間で360ETH(日本円でおよそ500万円)に上り、最終販売実績では962.6ETH(およそ1,000万円)を記録した。国内においてはゲーム人気が高いこともあり、今後もDappsの動向は注視すべきものとなるだろう。