この文章はPolkadotコミュニティボランティア組織(コンテンツグループ)が提供する第二篇の文章です。
周知のように、波カードの平行鎖スロット数は限られていますので、プロジェクト側は波カードの平行鎖になりたいです。DOTを担保にして、他のプロジェクト側と一緒にスロットの使用権を競争しなければなりません。平行鎖スロット競売をPLOと呼びます。
過去のICOの形式はETHまたはBTCを購入する形でプロジェクト側に一括で支払うもので、PLOはそうではない。PLOは「新しい募金方式」のように、ユーザーは自分のDOTを提供して質権設定に参加します。プロジェクト側が平行スロットを競売するのを手伝っただけですが、DOTは自分のです。では、波カード、ユーザー、プロジェクトはどのような役割を果たしていますか?
波カードは何を得ますか?注意すべきはスロットオークションにより波カードがロックされ,DOTがロックされ,DOTの流動性が低下することである。これにより、DOTのスロット制度が有効になります。市場の圧力を抑えて、有利な波カードの生態の持続的な安定。
波カードの生態的影響力から見ると、ユーザーにスロットオークションに参加させることによって、このような形でプロジェクトを初歩的にスクリーニングします。チームやコミュニティ資金が強く、高品質のプロジェクトだけがユーザーの支持を得て、このオークションに勝ちます。train.もう一つは、より多くの圏内と圏外の人を入れることです。今多くの有名なメディアプラットフォームが見られます。スロットオークションというキーワードはさらに波カードの知名度を高めると言えます。それに伴い、より良いプロジェクトは波カードの生態に入ります。波カードの価格の上昇を促進するかもしれません。波カードを知っているユーザーも多いです。波カードを知ることができます。
波卡生態に戻って初志を立て、チェーンをまたぐ。平行鎖スロットオークションは波カード路線図の重要な一里塚であり、波カードのクロスチェーンビジョンが本当に着地し始めたことを意味しています。
ユーザーはなぜオークションに参加する意欲があるのですか?ユーザが一番まっすぐです引き続き利益は質権設定に参与し、質権設定期間内に獲得した収益である。質権設定期間が終わったらDOTを返却します。ユーザにはリスクがないようです。
ユーザーはまた追加の収益を獲得します。プロジェクト側のコミュニティインセンティブです。すでにあるプロジェクトは支持者に一定の割合を割り当てると発表しました。例えばChinXは議会基金とネット計算力(ChanX原生トークンPCXを掘り出すことができる)の15~20%を取り出して支持者を激励する計画です。長い目で見れば、波カードの生態は非常に強い技術競争力と豊富な開発者を持っています。Gavin Woodという非常に強い開発者の呼びかけ力を持っています。ユーザーは波カードの生態に対する期待を持っています。プロジェクトにとっては、プロジェクトがいいです。もちろんユーザーが自分のスロット競売のサポートに欠けていません。ユーザーはプロジェクトのオンライン後の価値をもっと信じて、プロジェクトの投資価値を気に入っています。トラックプロジェクトは何が得られますか?難易度はどこですか?前期撮影したスロット自体はプロジェクトに対して宣伝であり、より多くのDOT所有者がこれらのプロジェクトに注目し、プロジェクトの露出度に有利であり、後期の生態建設に有利である。また、波カードのヘッドアイテムとして、優先的にメインネットワークにアクセスし、他の項目とのクロスチェーン操作などを実現しています。波のカードの生態の発展に伴って、更にトップクラスのプロジェクトになるかもしれません。
技術的には、平行カードスロットを取得するということは、公的資金、技術の偏向を意味します。例えばオンラインプロジェクトのメインネットワークで、カードスロットを撮影して同期してオンラインに行くことができます。コードの変更を減らすこともできます。
同時にオークションカードの溝の難易度も増加しています。現在はすでに10項目が競売に参加しています。後期はもっと多いかもしれませんが、カードの溝の数は限られています。すべての項目が競売でカードの溝を得ることができるわけではありません。また、オークションカードのスロットはレンタルだけで売られています。最長のレンタル期間は2年間です。4サイクルを含みます。意図的に競売する項目は競売の単一周期を計算する必要がありますか?それとも複数のレンタルサイクルの予想値の問題ですか?
カードスロット競りはキャンドルオークションによって取得されます。つまり、競売の過程で、ある時点で競売が締め切りになります。プロジェクト側が参加している間はできるだけ多くの質権DOTを押さえつけて、競売に勝ちます。train.