最近、米国証券取引委員会(SEC)は申請者が個人免除命令を申請する必要せずに外国為替ファンド(ETF)が市場への参入を許可する新たな規制枠組みを提案することに合意した。この提案の目的は応募プロセスをスピードアップすること、ETF市場における競争とイノベーショの向上、それに投資家により多い選択肢を提供することである。この提案では、仮想通貨またはブロックチェーン技術について言及していないため、仮想通貨ベースのETFが新しい規制の対象となるかどうかはまだ検討の余地がある。