EOS Asiaによると、BMは現在10 %のEOSを持っており、その後もスーパーノードの投票状況に満足していないと、自ら投票に参加するという。また、BMは、3日のロックアウト期間はダブルことを防ぐために、大型取引所が投票に参加すれば3日のロックアウト期間が必要ではないとの指摘もある。しかし、最近では、市場の生産者として、特に一般的な投資家に反対する人が増えている。