2019年12月4日、世界経済チェーン主催の世界デジタル経済コミュニティ生態サミットが深センで円満に閉幕しました。
今回のサミットの会場面積は3000平方メートルを超え、ブロックチェーン業界の専門家、有名なコミュニティなど3000人余りが集まって、今最も人気があり、最も話題になっている多くの話題について深く討論しました。そして広東テレビ、捜狐ニュース、騰訊新聞、羊城晩報、南方週末など多くの主流メディアに報道されました。
大会の初め、太一雲会長の鄧迪さんは「数字の身分と数字の経済」について分かち合いを始めました。そして数字の身分と数字の経済の概念と著しい特徴を述べました。
鄧迪氏によると、デジタル経済はすでに中国の経済成長の新たな原動力となっており、2020年までに中国のデジタル経済規模は32兆元を超え、2022年までに中国のビッグデータ産業市場の規模は1000億元に迫るという。
モバイルインターネット、医療、保険、支払い、交通、税務などのデジタル資産に基づくデータサービス市場の見通しが広いです。
これに対して、太一雲は数字の身分チェーン案を提出しました。主にブロックチェーン技術+公安部の身分認証及び実名認証上のチェーンを含みます。応用シーンはデータの正確性、プライバシー保護、個人証明書、プライバシー空間などをカバーします。
GRV Co FoudeおよびCEO Daielも出席し、所属のGavity Netwokについては、存在意義、五つの核心優勢、サービス対象、新小売概念など4つの方面から詳しく紹介しました。
Gavity Networkはチェーン技術を通じて小売業革命を推進することを目的とし、小売エンティティのワンタッチ式とチェーンをまたぐソリューションを実現する。
その後、深創学院創始者の宝石及びドメイン名商城創始者の戴躍はそれぞれテーマを「ブロックチェーン世界観と生涯学習」と「デジタル経済時代の優良なドメイン名企業がユニコーンになることを助力する」という素晴らしい講演を行いました。
戴躍氏は、優良なドメイン名は必ず企業がユニコーンになることを助けます。
ドメイン名の商城は中国のリードするドメイン名のサービス商として、DFudを含む10社の暗号化資産投資ファンドが共同で投資するドメイン名の取引プラットフォームです。
コロンビア大学訪問学者、雲連合創始者の韓鋒も出席しました。
彼は「財産は物ではなく、全世界の共通認識だ」と述べました。
数字経済の下で、取引が成立して完成して分離することができて、経済の運行の摩擦係数は大幅に下がって、最終の取引速度は生産速度を上回ることができて、経済活動は企業のアカウントを中心にして、個人のアカウントに移しますを中心にします。
韓鋒はまた、データ資産化は三つの段階に分けられています。伝統的なブランド品のデータ資産化、スターファンの経済データの資産化、一般製品と個人データの資産化です。
今回の会議では4つの素晴らしい円卓会議が行われました。業界のエリート、ベテラン、コミュニティの大きいカレーが集まって、「新情勢、新発展―技術革新と実体応用の将来性」、「ブロックチェーン―時代から与えられたチャンス」、「ブロックチェーン技術の地落ち応用の発展とグローバル動向」、「コミュニティ生態の基礎」などが注目されています。議題は活発な討論と観点の衝突を行った。
その中で、ONETOP格付け創始者の張翔、輝客資本創始パートナーの厳明輝、ノード雲算CEOの李瑞、中叡会長の李添昌、星際鑫航創始者の朱前哲は「ブロックチェーン技術が伝統企業をどのように助力するか」、「中国は世界ブロックチェーンの発展にどのようなきっかけと機会があるか」などの人気議題について激しい思想衝突を行った。熊棪、虫コミュニティ創始者の大きい橙子、パイロットの科学技術CEOの柚子姉、TokeHODLパートナーの楊子浩、正邦コミュニティ創始者の王者が帰ってきて、布道コミュニティ創始者のShey Zhooは「コミュニティの発展にどのようなボトルネックがあったら、どう解決すればいいですか?」
大会が終わった後,すばらしい盛大な晩餐会が繰り広げられた。
ディナーでは、率先して優秀なコミュニティ賞の授賞式と優秀なコミュニティ抽選会が行われ、一輪の賞発表が夕食会を盛り上げました。
また、中国民営企業促進会の張維新会長がすばらしい晩餐会を行い、祝杯を挙げて出席者に祝杯を送りました。
世界金融機関は「未来も初心を忘れず、より多く、より良い、より意義のある良質な活動を皆様にお見せします。」