現在のネットの計算力と採掘の難しさによって、ビットコインは5月12日前後に本格的に史上3回目の生産量を半減する予定です。
そのため、最近の鉱区や円圏の内外は暗流が激しく、何度も9000ドルを突破しましたが、今回の半減はどのようにして貨幣価格に影響を与えますか?以下は前の二回のビットコインの生産量が半減される前の12月です。半減後の12月の貨幣価格データです。その中の規則を分析することによって、私達が行っている貨幣価格分析の参考になります。
2回目の生産量の半減は貨幣価格の変化に対する影響が1回目の生産量の半減より価格の変化に対する影響がずっと小さいことが分かります。
なぜそうなったのかというと、ビットコイン1回目のブロック奨励から2回目のブロック奨励まで半減した期間に市場のインフレ率が低下したからです。
データによると、1回目のブロックの奨励が半減された後、ビットコインのインフレ率は60%から10%ぐらいに下がりましたが、2回目のブロックチェーンの奨励が半減された後、ビットコインのインフレ率の中の値は10%から約4%まで下がりました。
市場の需要水準がほぼ同じである場合、より小さいインフレショックはより長い時間をかけて価格を調整し、変化に対して応答する必要がある。
これはビットコインが前の2回の貨幣価格変動の軌跡をたどると、大牛市が一番早く来る時間も来年中旬という意味です。
これは鉱山労働者にとって、1年間の待ち時間であり、資金の貯蔵に対する厳しい試練である。
ビットコイン鉱山プールPooli副社長のAlejado La Toeはこのほど、メディアのインタビューに応じて、「ビットコイン鉱場の運営レベルが非常に高く、彼らの業務チームはデータセンターと財務分野で長年の経験を持っていますので、様々な方法でヘッジすることができます。
また、もし鉱場が長く運営されているということは、大量のトークンが蓄積されており、さらに経営範囲が拡大していることを意味します。これらの鉱場の規模は通常比較的に大きく、ビットコインの価格の大幅な下落による圧力に耐えられます。」
ビットコインは従来の慣例では、生産量が半減する前後に小幅に下落する傾向がある。
これは、生産量が半減した後に鉱山労働者の収益が直接的に腰を切ることを招くためで、鉱山労働者は売りに出す前に蓄積した採掘収入を売らなければならなくて、収益の減少後の運営圧力に受け答えします。
小鎖財経朝雲