バイナンスCEOザオ氏は2日、アマゾンに関連するツイートを呟いた。直近ではFacebookがスマートコントラクトの企業を買収したことが報じられており、既存の企業と仮想通貨の関係が注目されている。


バイナンスCEO「アマゾンはいずれ仮想通貨を発行する」

バイナンスCEOザオ氏は2日に「アマゾンはいずれ仮想通貨を発行するだろう」とツイート。世界的企業の仮想通貨採用に期待を寄せた。同氏がこのようなツイートをしたのは、アマゾンの販売業者が頻繁に利用する送金業者「WorldFirst」社が、米国内での事業を撤退することが報道されたからとみる向きもあるようだ。ザオ氏は以前からアマゾンに関心を示しており、昨年12月、市場が下落した際には「アマゾンが仮想通貨を受け入れる日が待ち遠しい」とジョークを交えてツイートしている。アマゾンはこれまでに「amazonbitcoin.com」といった4つの仮想通貨に関連するドメインを取得していることが明らかになっており、将来的に仮想通貨業界へ参入するのではないかという憶測は絶えない。


フェイスブックがスマートコントラクト企業を買収

アマゾンとは対照的に、フェイスブックは積極的に仮想通貨(ブロックチェーン)事業へ乗り出す動きがみられる。仮想通貨メディア「Ceddar」は5日、フェイスブックが同社では初となる仮想通貨・ブロックチェーン関連企業を買収したと報道した。買収されたのは、スタートアップである「Chainspace」という企業で、スマートコントラクトを構築し、仮想通貨決済を促進・開発する事業を展開する。今回の買収は「Acqui-hire(アクハイヤー)」という形式で行われ、技術自体の買収は行われていないものの、少数のチームをフェイスブックへ招き入れるとのことだ。フェイスブックは昨年12月、メッセンジャーアプリ「WhatsApp(ワッツアップ)」内で送金用の仮想通貨を開発していると報じられたばかり。これまでに、コインベース取締役を務めたデビッド・マーカス氏をリーダーにした研究チームも立ち上げている。