ツイッター上へ23日、サムスンの新型スマホ「Galaxy S10」に仮想通貨ウォレットが搭載されているというリーク情報が掲載された。仮にこのリークがフェイクでなかった場合、専門家の中には大きな材料になると指摘するものもいる。


サムスンの新型スマホにイーサリアムのウォレット搭載?

今回、リークしたのはフォロワー6万人を誇るベンジャミン・ゲスキン氏。同氏は海外で「連続モバイルリーク犯」として知られており、過去にはiPhone X Plusの写真をリークしたこともあるという。リーク写真にはイーサリアムのウォレットの他、「サムスン・ブロックチェーン・キーストア」というアプリも掲載。Galaxy S10の発売日は未定だが、すでに広告は展開されている。同社は今年、米国サンフランシスコで「ギャラクシーアンパック2019」を開催する予定。パリにはハングル文字で「2月21日」「未来を拡げる」と書かれた巨大広告看板も設置されている。サムスンは先月、仮想通貨ウォレット搭載の噂を否定しているが、英国で仮想通貨ウォレットの事業申請を行ったことが明らかになっている。


専門家も注目の材料に

仮想通貨分析家としてネットで定評があり、ツイッターのフォロワー95,000人を誇るジョセフ・ヤン氏は、リーク情報が流れた同日にコメントを発表。「謙虚な意見」と前置きした上で、仮にリーク情報が本当だった場合市場に与えるインパクトは「ETF と Bakkt の組み合わせを凌駕する」と影響力の強さを指摘した。その理由としてヤン氏は、サムスンが膨大なユーザーを抱えており、仮想通貨の認知向上や今後の決済手段としての普及などが期待できるからと述べる。また、初心者参入の障壁となる仮想通貨ウォレットの作成の手間がはぶかれることで、仮想通貨の普及が促進されると指摘した。サムスン側はウォレット搭載を否定しており、リーク情報の不透明感は否めない。しかし、企業側は過去に仮想通貨取引に関する発言もしており、今後の動向は注目されるだろう。