19日、世界最大の取引高を誇る仮想通貨取引所バイナンスCEOザオ氏がブルームバーグのインタビューに応えた。同氏はそこで今年の仮想通貨市場の振り返りと、来年の展望を述べた。


「今年は調整の年」バイナンスCEOザオ氏が語る

ブルームバーグのインタビューに応えたザオ氏は、今年の仮想通貨を「調整の年」と総括しつつも、来年を含む長期的な展望については楽観的な見解を示した。2018年は年初より、市場価格が下落し、時価総額は急減した。また、価格以外の規制においても議論の進展はみられたが、具体的な実施までは至らなかった。ザオ氏も規制に関しては言及しており「多くの国々で非常に多くの不確実性が存在する」とコメントしている。同時に「イノベーションを促進するような規制を望む」と来年へ期待する発言もみられた。


市場・業界の将来については楽観的

ザオ氏が述べるように2018年は市場の動向とそれを取り巻く規制に関しても「調整の年」だったといえるだろう。しかし、同氏はそれが一過性のものに過ぎないとみているようだ。今年の低迷の影響に関して尋ねられると「変更はない」とコメント。来年には法定通貨と交換できる取引所を10カ所以上展開すると述べ、ビジネスを拡大していく旨を述べた。バイナンスは今秋からウガンダで法定通貨と仮想通貨を交換できる取引所を開設した。また、来年以降の課題としては「真のユースケース」が業界を成長させると述べ、仮想通貨の実用化が必要だと主張した。


直近のバイナンスの動向

本日は、ザオ氏の発言以外に、バイナンス傘下である慈善団体「バイナンス・チャリティー財団(BCF)」がブロックチェーン寄付プラットフォームを通じ、新たなプログラムを開始したことを発表した。新しいプログラムは「2018 L-Istrina Campaign」と名付けられ、マルタの終末患者や子供らを支援するという。BCFは、今年の秋に立ち上げられ、仮想通貨で寄付することができるプラットフォームだ。このような多岐にわたるバイナンスの動向は、来年以降もメディアの話題に上がることは間違いないだろう。