マサチューセッツ工科大学(MIT)はとあるテストを行っている。このテストはビットコインの容量拡大方案が如何に運行されているのかを理解するありがたいチャンスを提供してくれた。

 MITが行っているのテストはビットコインライティングネットワーク(lightning network)の実験ケースを示してくれた:スマート契約とライティングネットワークの結合で、数百万級の取引スループットが実現できるだけではなく、もっと高い複雑性に達した。

 このテストはMITのデジタル通貨プロジェクト(DCI、該当プロジェクトは2015年にスタートされ、その旨は暗号化通貨を研究することである)の中でモデルを作成して、このようなシステムを描いた:システム中にある取引は特定な外部イベントに基づいて自動的に執行できる。例えば本日の天気或いは米ドルの現在価格など。

 MITはオラクル(oracles)に対する巧妙な応用は、この全てを可能にした、信用できる組織はスマート契約にデータを電波してあげることができる。テストの中で、研究者のTadge DryjaとAlin S. Dragosは一つのテストオラクルを作成して、ビットコインの最小単位satoshiを用いて最近のドル価格を発表して、全員がそれを取得してスマート契約で使用できるように提供した。

 この概念はライティングネットワークの創造者であるDryjaが去年に提示された、そして今回のテストはこの概念が実際応用への第一歩を歩んだ証拠である。これは初めてワークコードと書かれてオリジナル運行をドライブするように使用されたのである。

 Dragosは、これは我々ライティングネットワークソフトの独立した機能である。我々が選んだデータがいずれもクールで、ドルであっても、あらゆるあなたが欲しがるデータ、例えば天気、或いは株式であってもよいと述べた。

 Dragosは、このディスプレーはあくまで実験性であり、真実な通貨を採用すべきではないと強調した。それにも関わらず、彼と他のMIT研究者は、ライティングネットワークの登場に伴い、ビットコインが早期ユーザーが予想していたように最大限度の容量拡大が実現できる日が必ずやってくると確信している。

 この目標を実現するために、MIT研究者はすでに一つのライティングネットワークのバージョン、即ちlitを作成した、そして今回の実験に使用されたオラクルコードはその研究の進展を代表した。

 Dragosは、DCIが非常のライティングネットワークを信用していると述べた。ビットコインの容量拡張能力が低下しており、私はもっといい選択肢があると思う、結果的にはレイテリングネットワークこそ、そのもっといい選択であり、容量拡張を実現する有効的な方法である