Bitcoinist.comのニュースによると、ルワンダの首都キガリで開催された「アフリカ・サミット2018」では、(ビットコインの発明者)ナカモトサトシと自称するNchain 技術研究所長クレイグ ・ ライトはブロック ・ チェーン技術の利用でアフリカを改革するに関する様々なアイディアを出した。 ライトはビットコインがアフリカの暗号通貨とブロックチェーンの一部であると述べた。会議中彼自身は、ルワンダ国より多い財産を持っていると述べた。この間、ライトはビットコインの発明者と自称することで暗号通貨業界の怒りを引き起こした。Twitter のアナリスト デニス ・ パーカーは、ライトはうそつき、偽ナカモトサトシだと考えている。