CCNによると、ジンバブエ中央銀行は、裁判所に反対する書類を提出して、デジタル通貨取引会社Golixと銀行との業務の往来を禁止する。中央銀行は、正規の銀行ルートを通じて、デジタル通貨取引の処理を継続して金融システムにリスクをもたらすことを示しています。また、Golixのデジタル通貨取引プラットフォームは登録または規制されていないため中央銀行の許可を必要とします。