Emerce のレポートによると、オランダの ITB2 データ センターは既にビットコイン(BTC) とエテリアム (ETH) のために仮想通貨マイニング実験室を設立したという。 実験室の主な目的は、エネルギー消費とインフラ冷却に関するブロック チェーン技術の影響をテストすることである。 ITB2 データ センターのディレクターニールス ・ ヘンセン氏は ITB2 のデータ センターは、エネルギー消費量を削減するため間接熱絶縁と冷却の技術を使用する。それにSANDDやReesnikなどの金融サービス プロバイダーに高密度のホスティング サービスを提供する。 ヘンセン氏は金融サービス プロバイダーとして新規とも既存の顧客とも近い将来ブロック ・ チェーンについて対処しなければならないと考えている。