ネットワークおよび企業のセキュリティ会社のパロ アルト ネットワークは、数日前に研究を発表し、モンローコイン(XMR)の流通量の約5%が、許可なしでハイジャックした不正なコンピューティングパワーでの悪質マイニングによって得たものであると発見した。パロ アルト ネットワークの研究レポートによると、これらのデータには、ウェブサイトベースのモンロー鉱夫や会社がアクセスできない鉱夫が含まれていないため、上述の約5%のモンローコインの悪質マイニングの割合が低すぎる可能性があると指摘した。