日本仮想通貨メディアのデジタルジャーナルの報道によると、FCoinが日本へサービスを展開するニュースが日本の仮想通貨業界で大きな話題となっている。プラットフォーム上のデータでは、100万FJを保有した際、100万円相当の巨額の配当になることも発表された。

 

 

FCoinJPとは何なの

FCoinは2018年6月に設立され、取引所の歴史で驚くべき奇跡を起こした。わずか半月で取引高は世界一を記録。世界をさらに驚かせたのは、その取引高はなんと第2位から7位までの取引総額に達したことだ。FCoinの創設者は有名な大手取引所Huobiの元CTOであり、『ブロックチェーン:未来の金融と新経済パターンを定義する』の著者でもある張建氏。同氏は「ブロックチェーン業界の名人」として名を知られている人物である。また、FCoinが日本進出にあたりFCoinJP代表は「今後FCoinは世界中で「トークンエコノミー」の実践をスタートし、新しい時代を開拓する」と自信をみせている。

 

 

FCoinJPの快進撃

10/30 0:00 取引を開始し驚異的な取引高を初日に上げ、業界を震撼させたFCoinJPだが、更に衝撃的なデータを公式サイト上で公表している。FCoinJPはプラットフォームの透明性を謳っており、リアルタイムで”現在100FJあたりの累積収益”を公表している。そのデータによると、100万FJを保有することにより現在1.4BTC(JPY100万円相当)の巨額の配当を受けることになる。現在1FJ=JPY208円と計算した場合、100万FJを保有するのにはJPY208万円程であり、この投資は決して悪いとは言えないだろう。今この時間もその配当の累積額は増え続けており、伝説の取引所FCoinJPが日本マーケットに与えるインパクトの恩恵を受けるのはそのコミュニティユーザーであろうことは明らかである。FCoinJPという、「全く新しいコミュニティ化プラットフォーム」の動きから一時も目を離すことができないのは私だけだろうか?