ウォールストリートジャーナル紙によると、スクエア社は、昨年の同四半期の純損失1,500万ドル(1株当たり4セント)に対し、今四半期は2400万ドル(1株当たり6セント)の純損失を計上したと報じた。トムソン・ロイターの調査アナリストのコンセンサス予想に従って、1株当たり調整後利益は6セントだった。同時に、当四半期の当期純利益は45%増の6億6,900万米ドルとなっていたが、調整後3億7,000万米ドルとなり、2億9,290万米ドルの見積もりを上回る形となった。 過去1年間で株価は159%上昇し、営業時間外取引は水曜日に4.8%減の46.35ドルになった。 Squareは、この四半期のBitCoinで、Cash Appを通じて3400万ドルを売却した。同社はこの期間中に3390万ドルのビットコインを購入し、顧客の需要を促進し、Bitcoinの売上高はわずか20万ドルに調整されている。一部のアナリストは、ビットコイン価格が急落したため、同社のBitcoin取引サポートに対する懸念を表明している。 ウォールストリートジャーナル紙より引用