ナスダックは暗号化通貨取引に進出する可能性がある話は、すでに大きな噂になっている。そして4月27日、ナスダックは今年の10月に初めてのデジタル資産取引を開拓する主流証券取引所になると確定した。それはさらに大きな爆弾のように、業界で激震を引き起こした。

 ナスダックのこの挙動が及ぼした影響について、業界の観点は一致していない。シンガポール6Xデジタル資産取引ステーションの責任者である牛氏は、ナスダックの入場は、デジタル通貨市場にとって重大なメリットであり、その時に各トークンの価格は暴騰を迎えるだろうと予測し、ナスダックにそれなりの巨大な影響力があると分析した。

 同時に牛氏は、ナスダックが入場する意義は投資者の皆さんにもっと広くてもっと多様化な取引プラットフォームの選択を与えることだけではなく、さらにデジタル通貨産業の将来図を予告した、もしもっと多くの国が公開デジタル資産の取引免許を模倣すれば、将来デジタル通貨は必ず株式市場と同じようなグローバル化投資業界になると示した。

 ナスダックがデジタル資産取引所になることで市場に既存している取引所に衝撃を齎す心配がないかと問われて時に、牛氏は、衝撃は付き物であるが、さほど心配は要らないと明言した。シンガポール6X取引ステーションのように良好な先行きがある取引プラットフォームは、オンラインしてからすでに大量な忠実なユーザーを集めており、アメリカトップレベルのネットワーク安全技術に基づいて造り上げた製品として、今回の市場シャッフルの中で最後まで勝ち抜く自信と実力がある。

 ナスダック(英語名:NASDAQ)、全称はアメリカ全国証券取引業者協会自動見積表(National Association of Securities Dealers Automated Quotations)で、アメリカの電子証券取引機構であり、ナスダック株式市場会社が所有し、操作されている。NASDAQは全国証券業界協会相場自動情報転送システムの縮写であり、1971年に創立され、現在はすでに世界最大の取引市場の一つである。

 4月27日、ナスダックがデジタル資産取引市場への進出を確定した重大な動向は、最近グローバル投資資金がアメリカに流れ込ませ、アメリカは本当の意味でのデジタル通貨の主宰市場になる。

 そしてデジタル通貨の価格も幅広く影響されている、先週金曜日、ビットコインが大幅に逆転し、最低の8,780ドルから一度9,300ドルを超えた。

 将来デジタル通貨市場はまたどんな変動が起こるのか、引き続き注目して行く。