もっと安全なビットコインアドレスを獲得する

 デビッド・グランデは、2013年までのBitAddressウォレットサービスと2014年までのBitcoinjsが生成した多くのビットコインアドレスが、この抜け穴に影響される可能性が高いと発見した。また、デビット・グランデは、現在GitHubエントロピーを使用している旧バージョンのソフトベースが生成したウォレットソフトにも問題が存在する可能性があると指摘した。

 ロンドン大学学院コンピュータ科学部研究員のMustafa Al-Bassamは、多くの古いビットコインウィレットアプリケーションが、何れもjsbn.js暗号化ベースを使用してビットコインアドレスを生成しており、2013年までのバージョンが攻撃が受けやすい SecureRandom()関数を使用している可能性が高く、これらのビットコインアドレスのプライバシーキーをクラッキングするのに、およそ一週間さえあれば完成できると指摘した。

 なので、デビット・グランデはこのようなアドレスがあるビットコインの所有者に比較的に新しいツールを使用して新たなアドレスを作成し、資金を旧アドレスから新規のアドレスに移行して、安全を保証するように呼びかけている。