もし2017年にトークン圏とは何なのかを教えたのなら、必ずそれは安全についての教訓である。年間でハッカーが攻撃した数量と数百万米ドルの盗難された暗号化トークンは我々に明確な情報を発した:暗号化通貨取引に重大な変革が必要。

2017:ハッカーの攻撃で大変困っていた一年

 2017年で暗号化通貨は世界で知名となった。しかし、注目度の上昇に伴い、その弱さも顕われた。この一年で暗号化トークンの繁栄を見守ったが、それを悪人の手に陥らせた。

 一年中に十数件の攻撃事件が発生した。交換プラットフォームからウォレットサービス、さらにICO資金まで、ハッカーはシステムホールを利用して大きな収益を獲得した。現在の市場価格によれば、今年の盗難資金総額は5億ドル前後ある。しかもこの数字は2017年以前のハッカー攻撃を含めていない、例えばBitfinexとBitstamp、及び市場を冬眠に入らせた悪名を持つMt.Gox違約。これらを計数器に加えると、近年で窃盗された暗号化通貨の価値はすでに125億ドルを超えている。

 同様にウォレットもこのような困難に遭遇している。7月、ハッカーは非常に人気があるエテリアムマルチサインウォレットParityに侵入して、153,000ETH(現在のレートで計算するとその価値は2億ドル相当)を盗んだ。11月、Thteher金庫ウォレットは2015年Bitstampの攻撃と関係があるハッカーに攻撃され、3,100万ドル損失した。

 しかし、全体的に言えば、2017年の暗号化通貨取引プラットフォームをはじめとして、特に韓国の取引プラットフォームは尚更ハッカーのホットリストである。旧称がYapizonであるYoubitは2017年4月に3,816個のビットコインを損失した。ハッカーが攻撃した時のその価値は500万ドルだったが、今の市場価値は5,000万ドルを超えている。さらにひどいのは、Youbitは去年12月にサイド重大な打撃に遭遇し、17%の資金を損失した後にやむを得ず破産を申請した。それから、7月に韓国最大の取引所Bithumbの3万人のユーザーのアカウントのデータが漏洩された、数十億ウオンが盗まれた。現在の市場価格で計算すると、顧客が少なくとも1,000万ドル損失した。