1 .シンガポールの金融管理局(MAS)の局長のバンディ:ICOは性質としては証券のカテゴリに属していないが、もし代理通貨が証券性を持つならば、例えばある発行会社は投資家にデジタル通貨を承諾して報われる、それは証券の範囲内に分類されて、投資の製品と見なされるべきだ。そして、「証券先物法」を遵守し、MASの監督管理を受けて、すべての上場企業の計画のように、株式公開募集書を提供し、会社の詳細と業務状況を開示しなければならない。2 .アメリカの監視機関の調査者は、いくつかのビットコインの取引所に対して、デジタル通貨に関連する市場価格をねじれたかどうかを調べるための総合取引データを提出します。3 .イタリア銀行の副総裁は、短期的には、中央銀行は、デジタル通貨CBDCの準備をしていないと述べた。4 .ノルウェー航空会社(Norvgian Air)は、今年の年末までに、デジタル通貨取引プラットフォームを構築することを示している。5 .アメリカ証券取引委員会(SEC)主席Jay Clayton:ビットコインのようなデジタル通貨は「主権通貨の代替品」であり、デジタル通貨は証券ではなく、証券の監視の範囲内にありません。6. Baiduによるブロックチェーン製品「度宇宙」は、公式サイトは昨日中に正式にオンラインした、同時にAPPは6月13日正式にオンラインになる。Baidu側の紹介によると、度宇宙は1種類だけのデジタル通貨ではなく、本当のデジタル社会を構築する。7 .薛蛮子チームが友人の間で発表した:知らなくても投資はしていない。8 .今日9時、EOSはネットで起動するかどうかの投票を再開する。EOSは昨日の投票によってメインネットワークが一時起動しないことを決め、1.0.2のバージョンが出てから投票を再開することを決めました。