金色財経が6月3日に現地で報じたところでは、今日のイーサネット技術とアプリケーション大会では、イーサネtットの中心開発者Karl Floerschが「Learning Cryptoeconomics」と題したテーマ演説をした。彼は、「仮想通貨経済学」には多くの課程があり、授業第1章はすでに完成しており、名前は「集中型支払いプロセッサ」という。同時に、オンラインコミュニティはすでに60人以上の人が対話に参加して、プロセスを称賛しています。自分の議論を通じて、どのように授業を展開するかを決めていきたいたい。コースには「夜モード」があります。これはただの始まりで、多くの人がこのオープンコースに参加してほしい。