01.jpg

数多くの若者がハロフィンを兼ねて大勢練り歩く中に紛れて渋谷区内の某所にて、COIN OTAKU主催による、日本仮想通貨市場におけるインフルエンサー、クリプトメディア、大物著名人だけが集まる交流会が決行された。また、同日にFcoinが日本向けに“FcoinJP”のプレスリリースを発表したばかりにも関わらず、同イベントにて最速で事業説明会を行っているから驚きだ。

 Fcoinに関しては、現在FcoinJPを立ち上げ、日本市場への参入を目標としている。FCoinは、海外取引所においてリリースから僅か半年で大手仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)を一時的に大きく引きはなす取引高を記録したことで有名だ。しかし対応言語が中国語と英語のため世界各国から注目を集めていたが、日本人ユーザー向けに展開することが難しかしい現状があった。また、日本国内における独自の規制法案によって市場への参入に関しても困難な現状があった。そこでFCoin側は近日中に日本市場への参入を目標に掲げるため、このイベントで、インフルエンサー、クリプトメディア、大物著名人に向けて事業説明を発信し、有力者に対して理解を得たうえで今後の新規開拓を行っていくだろう。もちろん日本国内向けに対応した“FcoinJP”を立ち上げることで、日本人ユーザーへの対応を円滑にするための基盤を作ることができるだろう。

 事業内容を兼ねた“FcoinJP”プレスリリースは下記のURLへ

 

また、本イベントではビットコインが世間に話題となった時代からブロックチェーンや仮想通貨市場に携わっている数多くの有識者が集まっており、初対面で自己紹介から始める人や、再開を懐かしむ人や各ブロックチェーンイベントで馴染みのある顔ぶれが各々に今後の日本市場にける仮想通貨業界に対しての思想を語っていた。またイベント内でのパフォーマンスには有名インフルエンサーによる無垢な主張が会場内を活気づかせた。

02.jpg

(仮想通貨業界における本イベントの代表格の “インフルエンサー”)

また、来場者参加型でもっともユニークなツイッターを使った大会も開催された。この参加型イベントは、題材となるお題を自身のTwitterアカウントに投稿し、そこに数多くの“いいね”を獲得することで競う、フォロワーが居るからこその実力勝負となっていた。

イベント会場内は束縛の無い環境となっており、来場者は各々に自信の仮想通貨市場に対する今後の理念を語り合っていた。