ウィキペディアの定義によれば、トークンを経済的価値の観点から見れば、第1の意味は、金銭の代わりに使用できる金属製のプラスチックウェーハ、つまりカジノチップなどの「仮貨幣」である。第2の種類の意味は、貨幣または紙幣以外の擬似通貨、コインあるいは紙幣以外のトークンバージ、一時通貨である。第3の種類は、商品またはサービスの交換に使用できるバウチャーおよびギフトカードである。一方、情報技術の観点から、トークンとは、特定のタイプのコンピューティングリソースを操作できるオブジェクト(コンピュータ用語)を指す。

トークンは主にコイン、トークン、証明書などと翻訳されている。まず、トークンを通貨の傾向として扱うことには慎重でなければならない。1つの理由は、通貨は一般的な同等物として補償的性質を有し、国の中で無条件に使用することができ、通貨(価値スケール、取引媒体、価値保管)の完全な機能を有することである。トークンは、無条件で使用する機能と価値の機能を持ち合わせておらず、論理的には貨幣のすべての機能を持っていない。 もう一つの理由は、「幣」はトークンがお金を表していることを前提にしているため、トークンの意味の範囲が大きく制限され、トークンはチェーン上のすべての資産取引の単位であることが無視されやすくなる。トークンはチェーン上のすべての資産へ請求権を代表することもできる。

通証の全称は流通可能の権益証明書で、現在ではもっとも正確で人に認められている翻訳であるが、分野外の素人はあまり詳しくない。しかし、代幣というのは、文字通り、「代」とは、特定の種類の資産や資産を請求する権利を主張することを指し、「幣」は流通できるを指す。たとえば、私たちの日常のゲーム代幣は、一つ、ゲーム施設を使用する資格を代表する。第2は、ゲーム代幣を他人と交換できると言うことである。したがって、トークンの翻訳代幣と通証はほぼ同義であり、交換して使用することができる。