今日、日本の金融庁による第4次暗号化通貨取引所のシンポジウムが開かれ、会議資料を発表しました。発表した資料によると、MIT Media Labは、仮想通貨の金融の話題で、ICOの融資が投資と消費を促進し、開発者が収益によってネットワークを構築することができることを示し、発起者が事前に掘削されたToken、Tokenの相互変換と取引、Tokenが発行した後に優先的にネットワークを運営している。中心化し、通貨政策の制定を促す。また、ICOの投資家の保護については、「投資」と「ユーティリティ性」とが誤って区別され、大多数のICOは投資家保護の範囲にはない。ICO詐欺局が頻発して、投資家の保護の枠組みや消費者利益の保護法は、経済成長と発行者利益は投資することによるという自信となる。