仮想通貨の中でも法定通貨と等価交換が可能な仮想通貨がいくつか存在し、このような通貨をペッグ通貨と呼んでいる。ペッグ通貨の中でも、様々な意味で有名なのは、USDと等価交換が可能な仮想通貨 Tether だ。

 

 Tether においては、預け入れた分の法定通貨よりも多くの Tether を発行した疑惑に加え、仮想通貨市場の相場を不正に操作したなどの疑惑もある。第三者の弁護士事務所による財政・資金評価なども発表されているが、問題そのものは、2018年7月の段階でも解決はしていない。

 

そして、今回アメリカにおいて、新しいペッグ通貨が IBM の支援を受けて発行され予定がある。

 

・ストロングホールド USDとは

 IBM が支援を行うと発表したのは、アメリカのストロングホールド社のストロングホールド USDだ。ストロングホールド USDは、ペッグ通貨であるとともに仮想通貨 Stellar の技術を基に作成されている。

 

 Stellar は、個人の取引を支援する金融プラットフォームであり、金融機関や個人、システムの垣根を越えた取引を目標としており、発行枚数は毎年増加していく。送金プラットフォームとしてリップルと比べられることも多い。 IBM と Stellar は、かねてより提携を行っており、ブロックチェーンによる国際送金の研究を行っていたことから、安定性のある仮想通貨と言えるストロングホールド USD を使用して更に研究を行っていくと見ていいだろう。

 

・ペッグ通貨の利点はどこにあるのか

ペッグの利点は、仮想通貨の属性を持ちながらも法定通貨と等価交換が可能であるという点だ。多くの仮想通貨は、需要と供給のバランスによって価値が決まり、数分後の価値でさえ一定ではない。そのため、店舗などでの使用や送金等においても一定のリスクを背負っている。

 

しかし、ペッグ通貨となった場合、ブロックチェーンを利用できることに加え、価格が法定通貨に紐づいているため、大きな変動を起こすことはない。つまり、ペッグ通貨は、法定通貨と仮想通貨のメリットを併せ持ったものだと言える。大手企業である IBM が支援を行っていることも含め、今後のストロングホールド USD の動向には要注目だ。