2018年4月9日、豪州税務局(ATO)は36万件以上の個人税務審査を行う予定で、ターゲットは勤務関連の支出及びその他の税金控除申告項目であり、すでにEメールで130万人の労働者及び200万人の不動産投資者に通知した。新しい税金申告ルールでは、1万オーストラリアドルを超える「ビットコイン」或いはその他のデジタル通貨の取引であれば、税務局に審査される可能性があり、税金申告するときに、ビットコインも資産と見なされ、投資者は資本増値税を上納しないといけない。

     同時に、オーストラリアは初回のデジタル通貨による資金募集に対しても比較的に緩く、オーストラリア証券と投資委員会が発表した法案の中で、公開発行するデジタル融資の法律状態は某具体的な融資プロジェクトがどのように構築、操作されているのか、及び発行したデジタル通貨の背後の権利に取り決められていると指摘した。デジタル通貨は管理投資計画、会社の株式或いは金融派生品などと認定され、もし会社法に触れるなら、会社法を適用し、消費者保護法に触れるならば消費者保護法に適用する、具体的な部門に触れず、一般性の法律法規に適用し、具体的な状況は具体的に分析する必要がある。

   以上から、我々が分かったのは、オーストラリアはデジタル通貨は財産或いは資産ではなく、一種の価値のデジタル表現形式にすぎないと明確にし、デジタル通貨取引のGST徴税をキャンセルした;Austracはオーストラリア国内のデジタル通貨取引提供者の管理監督部門であり、全ての条件に符号するデジタル通貨取引提供者は何れも法律に基づいて登録しないといけない、さもなければ法律に制裁される;初回のデジタル通貨資金募集行為の管理監督に対して、今のところ禁止性の規定がなく、アース虎リア証券と投資委員会はデジタル通貨の発行プロジェクトが触れる業界と業務の差異によって適用する法律法規を当て嵌める傾向がある。豪州税務局(ATO)がビットコインなどのデジタル通貨に対する徴税に伴い、我々はオーストラリアで管理監督、取引、税収の全方位をカバーした管理監督システムの雛形が見られた、管理監督の完備に伴い、デジタル通貨は必ず豪州で新たは活躍が迎えられると信じている。