金色財経協力メディアのIMEOSによると、今日国内の主要なノードでは、2つのEOSネットワークが起動練習を行った。国内のコミュニティは連携して手動で起動する方案をテストして、同時に、海外のコミュニティはBIOS自動起動案をテストしました。同じようにIMEOSは、海外のコミュニティが中国のコミュニティと交流し合うことを強化し、言語の壁を乗り越えたという呼びかけを発表しました。様々な兆候があることが明らかになって、一方の主導的なメインネットワークを開始する行為は存在しないことを表明して、国内外のコミュニティは交流と協力を強化して、同じメインネットワークを構築して、EOSのメインネットワークの上で十分な準備をすることを目指しています。IMEOSは、東西洋の協力について、同じメインネットワークの起動に関与することを継続し、今回のメインネットワークの起動過程を客観的に開示する。慢霧科学技術は今回のメインネットワークの起動についてもすでに関連する安全テストを始めて、全力でこの事にフォローしています。