エテリアムは現在市場価値が最も大きい競合通貨である。4月20日、エテリアムの開発者らはエテリアムの改善プロトコルEIP1011を発表し、エテリアムネットワークがマイニングモードからの脱出を促進しようとして混合コンセンサスメカニズムを採用したシステムを構築した。

 該当プロトコルは混合コンセンサスメカニズムを応用したCasper FFGバージンの更新規範(Hybrid Casper、the Friendly Finality Gadgetm、即ちFFG、Casperの第一バージョンはVitalikがリードして開発した)を含め、該当規範はワーク量証明(PoW)と権益証明(PoS)の二大コンセンサスメカニズムを結合し、最終的にエテリアムのコンセンサスメカニズムを権益証明(PoS)コンセンサスメカニズムへ切り換える。

 該当EIPファイルの中で、グレードアップしたパラメータの一つは現在エテリアムの奨励を3ETHから0.6ETHに減らすことである:「PoWブロックの奨励を0.6ETH/ブロックに減少する、ブロックチェーンの安全の決定的な要素がPoWメカニズムからPoSメカニズムに切り替わり、しかも現在のブロック奨励が検証者とマイナーに配付したからである。」

 Thereum Newsは、Casper更新がエテリアムネットワークが今まで行った「最重要な」変革かもしれないと評価した。

 プロトコルの「激励」部分の中で、エテリアム開発者はグレードアップの採集目標はエテリアムネットワークをPoWシステムからPoSシステムに切り換えることであると明確に示し、それから、「エテリアムネットワークがPoWメカニズムからPoSメカニズムへの切り替わりは、プロトコルが発表された時点からすでにエテリアムの発展路線図と黄書に記載した。PoW目名に図牟は脱中心化の達成における効果が顕著であるが、大量な資源も消耗しており、経済の形勢も未だに確定されておらず、しかも企業の独占を打破する有効的な策略もないのである。過度なエネルギー消耗、大量なマイニング消耗品が必要、マイニングプール中心化及び新興のASIC市場……などの原因は何れもモデルチェーンの早期実現に明確なパワーを提供して」と説明した。

 ワーク量証明(PoW)はブロックチェーンネットワークの最も原始的なコンセンサスアルゴリズムであり、最も著名なアプリケーションはビットコイン(BTC)である。PoWコンセンサスメカニズムを通じて、マイナーはブロックチェーンネットワークにある取引の検証をお互い競争し、相応するトークンの検証奨励を取得している。

 権益証明(PoS)はSunny KingとScott Nadalが2012年に初めて発表したものであり、その旨はビットコインのマイニング時の高いエネルギー消耗問題を解決することであり、もう一種類のウォレットに所有するトークンの量によってノードが選択せきる取引検証メカニズムを打ち上げた。

 早くも4月に、Cointelegraphはエテリアム開発者が硬性分岐を通じてエテリアムASICマイニングマシンに対抗し、それを使用できなくしようと考えていると報道した。しかし最終的に開発者はこの考えを諦め、Casper FFGバージョンを支持するようになった。

 エテリアム共同創始者のVitalik Buterinは四月初めに開かれたエテリアム核心開発会議で、「エテリアムはビットコインでなはく、マイナーたちはエテリアムをコントロールすることができず、こし彼らは欲張りになり始めれば、我々はCasperの発展を速めるしかない。」と述べた。