5月24日の夜8時の「金色の講堂」第2期が正式に開講して、エネルギーのブロックチェーン実験室パートナー、信達証券の首席のブロックチェーの専門家の息子は授業に来ます。これは、地域のブロックチェーンと実体産業の間に存在する挑戦を深く解読するきっかけとなるとともに、ブロックチェーンと実体産業の事例を補って、地域のブロックチェーンと実体産業の間の関係をもっと深く理解することにつながる。