据金融協力メディア Imeos からのレポートによると: EOSチームのメンバーであるThomas氏はEOS weekly Q&Aで6月のpノードに関する発表がEOS GOによって賞賛されたと語った。 EOS が 6 月にのノード作成を開始する模様で、候補ノードに関してはランダムに選択するのではなく、様々な意見を求める予定で、この中には技術的な能力を考察される。 同時に EOS の主な焦点を 6 月のオンラインバージョンに利用できるようにするとのこと。 さらに、EOSは少なくとも10年間の長期投資を予定しているが、現時点でEOSは合計で1億トークンを保有しており、これらのトークンは10年後に開放される予定の模様