いくつかの仮想通貨取引所のサイトで「API」を提供するということをよく見かけます。そして、「API」とは一体何なのかということもよく耳にします。

 

「API」はApplication Programming Interfaceの略称であり、幅広い意味でいえばソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様です。APIが標準的なインターフェース(関数)をセットして、他のプログラミング、または開発者がシステムデータにアクセスするための環境を提供してくれます。

 もっと分かりやすくと言えば「API」は顧客にソフトウェアを共有できるようにし、尚且つ誰でも外部から利用することが出来るようになります。例えば、地図データを作成する場合、APIは顧客が地図データを共有することが出来れば、様々なスポットを新たに追加して使用できるようになります。

 仮想通貨引取所のAPIは同じ原理です。ブロックチェーンに関してのメディアサイトや相場情報のサイトで様々な取引所のリアルタイムの相場情報をよく見えます。これらの市場データは主に取引所から提供されます。仮想通貨引取所はAPIのインターフェイスを提供しており、相場情報のデータを直接手には入れて自らのサイトやApp製品に設置することができます。これに関して顧客にも仮想通貨引取所にもお互いにとても利便性の高い環境を作ることが出来ます。なので、現在API結果を共有することは各仮想通貨引取所の基本サービス機能です。