1. ブロック チェーンの研究会社Chainalysisの新しい研究では、ビットコイン価格の急速な下落の原因はビットコインの「意思の強いホルダー」の態度の変化にあるかもしれない、彼らはビットコインを売却し始めたと示した。2. 韓国の金融監督機関 (KFIU) は他の地域の金融機関は、犯罪者が違法な財務活動にデジタル通貨を使用しないようにするため、銀行を扱うようにデジタル通貨取引所を規制し、厳しい反マネーロンダリング政策を実施する。3 ブロック チェーン セキュリティ会社PeckshieldはHuobi,Binance及びOKexなどを含む主流の取引所にセキュリティ警告をした:すでに主要な取引所でアンラインされた多くのERC20 通貨のスマート契約コードには深刻なセキュリティ上のリスクが存在している。「攻撃者」は、パブリックインターフェイスを通じて「ゼロコスト」のテクノロジを使用して、大量な流入資金で利益を獲得する。4 最近、ハッカーに攻撃された韓国の取引所Coinrailは、現在全体トークン保有分の70%がコールドウォレットに保持されていおり、総損失の三分の二はすでに回収され、残りの三分の一は調査機関、関連の証券取引所と開発チームとのコラボレーションで調査を行われる。 5. 米国証券取引委員会は最近ICOに関する説明を修正した。6. 影チェーン (株)は昨日メディアの記事「5つの主要なプロジェクト側の耐え難い集団露出、Huobi HADAX価格最低ラインを超えプロジェクト側を崩壊」に対し公開声明を発表し、投資家及びHuobiに謝罪した。7. 「中金投X」のニュースによると、紅杉資本はビットコイン本土に4億米ドルを値するIPO事前販売プロジェクトにを一歩先に投資するという。ビットコイン本土の現在の評価価格が120億米ドルであるという。