ブルームバーグニュースによると、Fundstrat Global AdvisorsのリサーチディレクターであるThomas Lee氏は、Bitcoinの最近の業績が悪く、今週20%減となり、暗号化先物の期限が切れたことに関連する可能性があると述べたという。 ビットコイン先物が満期に近づくにつれて、保有者は追跡誤差を最小限に抑えるために、ほとんどのビットコインを量平均価格(VWAP)で売ることができると述べたが、期限が切れると、誤って残りのビットコイの売却によって価格が下がり、先物のポジションは「利益を上げる」ものである。同時に、仮想通貨の市場に流入する資金は十分ではない。今年はICO、鉱業、キャピタルゲイン税への純資金供給者が増加しているが、資金の流入は、制度的ツールの作成が遅れたことによって妨げられた。