井楽デジタル開発のインテリジェント契約銀関連鎖技術に基づいて、まずはSWTCパブリックチェーン上のデジタル資産のDecentralized交換プラットフォームを最初に構築し、ETHおよびERC20代理貨幣(Token)のトランスチェーン機能を開通した。現実に異なるパブリックチェーンの間のトークンが交換され、デジタル資産をDecentralizedするのははトランスチェーンの技術を越えて、前を向いて大きな一歩進んだと言える。井楽は、数多くある中でも本当のブロックチェーン取引プラットフォームである。