エテリアム基金会(Ethereum Foundation)開発者のAlex Van de Sandeは「保険プール」に関する提議を発表した、彼はこの方案によってネットワークが分裂するリスク――スマート契約コードの抜け穴により資金凍結事故を齎し、解決方案を見つける途中に分岐が発生して、ネットワークの分裂を齎すリスク。

 Van de SandeはエテリアムMistブラウザチームのリーダである。彼の著作では、専用保険資金を保存して「償還契約」(recovery contract)を作成すれば、個人或いは組織が争議性分岐を通じて一部或いは全部のコードホールを獲得する為に失う資金を下げることができると主張した。最も典型的なケースは、Parityのマルチサインウォレット契約コードベースに抜け穴が発生したあと、ウォレットにある3.2億ドルの相当するエテリアム(ETH)が凍結され、消費が出来ない状態に維持されていた。

 彼が打ち出したこのシステムはこうやって運行している。

 開発者は自分のスマート契約に保険を投入することができる――資金復旧契約の中でエテリアムをロックして、特定したロックタイマーを設定し、そうすると開発者は等量の「償還トークン」(即ちエテリアムのトークン)を交換することができる、彼らはそれを自分で所有するか投機者に売ることが選べる。

 契約保険が掛けられたエテリアムが凍結されると(もし攻撃されて或いはコードに抜け穴が存在しているが、トークンは依然として流通できる場合、資金復旧プロセスをスタートすることができない)、それに対応する償還プロセスがスタートできる;償還トークンの所有者は保険プールから90%の資金を償還することができ、残りの10%はトークンの保険基金への援助に使われる。

 もう一つの場合は、もしロック期間が満了しても償還プロセスがスタートしなかった場合、これらの償還資金が自動的に廃棄され、アンロックした後のエテリアムは契約開発者(即ち償還トークンの発行側)に返還される、その理由はトークン価格の波動によるあらゆる収益は何れも開発者が所有するからである。

 償還契約はトークン所有者に管理される、彼らは保険を購入する契約対象に対して投票を行うことができる。

 しかし、このシステムに一つの阻害が存在する、それは償還トークンは多くの管理監督部署に証券として視される可能性がある。

 だが、Van de Sandeの提議に最も争議性がある部分は、それが51.3万ETHの為に償還トークンの計画に触れていることである、つまり契約コードベースのミスによりParityの多種のサインウォレットにロックされているエテリアムの数量である。

 Parityチームは争議性分岐の方式で資金を取り戻す意思がない、なので、Van de Sandeは彼のこの計画により、被害者(大半のエテリアム核心開発者)はこの新基金の利益関連者になると認識している。そうすると、この保険プールの設立はさらに多くの人の注目を集める機会がある。