エテキャピタル会社に発起された今回の行動はトロントのエテリアム業務に非常にメリットがある。

 この前報道したように、該当投資基金企業は今までエテリアムキャピタル(Ethereum Capital)と呼ばれ、この基金会の株式は木曜日にトロントNEO取引所で上場した。当社はそれが募集した資金を創業初期の会社が開発している最中のプロジェクトに投入する予定で、この資金でエテリアムネットワークの暗号化通貨――エテリアムトークンを直接購入すると計画している。

 共同創始者であるチーム投資間のBen Robertsはメディアに、エテキャピタルは4,500万カナダドル(約5,000万米ドル)の資金を募集し、これからの四週間でこの資金の大半をエテリアムトークンに両替すると披露した。あれらの募集された資金は最終的に90%が暗号化通貨に両替される、但しRoberts氏は当社が現時点でどれくらいの資金を両替したかの披露を拒否した。

 「私は市場がこのやり方の価値主張を本当に理解するのに時間が必要だと思う」と彼は解釈した。

 「今回の資金両替行動は二重効果があり、行動によって確かに関係者は市場に露出度があったのだが、それと同時にもっと重要なのは、この行動は々に資産プールを創造してくれて、しかも我々はその資産プールに頼ればコミュニティとエテリアムプラットフォームで一席の地を獲得することができる。我々の資産プール規模の拡大に伴い、ConsenSysのような存在になるチャンスがある、ConsenSysはエテリアムのなかで組織があって大手の利益関係者である、それは今後の時間でそれが所在するプラットフォームを通じて価値を創造することができる」

 この投資基金の設立過程は初歩的に概念を決めてから発表段階に至り、一年半の時間が掛かったが、この過程自身はさほど難しくなかった。Roberts氏は、「この過程の第一歩は、オンタリオ証券委員会と商談して、彼らの支持を得たことであり、それから銀行と協商して、銀行に執行可能性がある方案を出す、次のステップは資産委託管理の解決方案を設立して資産がもっと安全に保存できるように確保することである。」と解釈した。

 Roberts氏は、エテキャピタル社はこれからの一年か二年間で各種のそれが支持を提供できるプロジェクトに注目し、そして「同じ時間帯で企業の価値を創造する」と述べた。

 「エテリアムはカナダに起源したプロジェクトであり、(但し)それは確かに世界の各大都会で発展した。(エテキャピタルの)今回の行動はエテリアム業務をトロントに引き戻す方式であり、しかもこの行動は本当の意味で技術コミュニティと金融コミュニティの間のギャップを消去することになる。」とRobertsは補充した。