IMEOSによりますと、ブロックチェーンセキュリティー会社PeckShieldの研究者によると、EOSは0.23%のEOSのマッピングによって、価値のある億単位(約2700万ドル)のEOS tokenが無効になることを意味しています。PeckShieldによると、現在は2種類の無効なマッピングが存在し、第1の種類は、トップの所有者がネットで公開されたEOS key(すなわちEOS6MRyAjQq8ud7hVNYcfnVPJqcVpscN5So8BhtHuGYqET5GDW5CV)を使用していることから、その部分が0.19 %である。keyとしては、同部分が0.04%と比べている(共通の便利なkeyはEOSCrowdsaleとEOSTokenContract)。現在の時点で、違法なEOS keyと725の影響を受けた財布のアドレスが見つかりました。EOS公式は、上記のマッピングを無効化する可能性があるため、影響を受けたtoken所有者が直ちに行動し、損失を挽回するため再マッピングする。影響を受けた財布のアドレスをここにリンクしてください。https://peckshield.com/2018/05/31/eos/