市場アービトラージが存在するので、「キムチプレミアム」のような市場の低効率は永遠に続くわけではない。そのため、投資者は「キムチプレミアム」に頼って次に勝利する暗号化通貨を選択する時に非常に慎重でないといけない。

 現在、次に投資者を一晩で金持ちにすることが出来る暗号化通貨を見つけるのかは新たなゴールドラッシュのブームを引き起こした、特にアジアでは、暗号化通貨は最近現地投資者の絶大な人気を集めた。

 しかし、如何にこの「幸運な通貨」を見つけるのか?もし韓国とアメリカの違う暗号化通貨価格のプレミアムで考量すれば、市場に存在するいわゆる「キムチプレミアム」が発見できる。

 韓国民衆がバーチャル貨幣の過大宣伝に熱心であり、今年の年初に、韓国のローカルバーチャル通貨の価格が海外市場より遥かに高かったので、市場に「キムチプレミアム」(kimchi premium)と呼ばれた。このような現象はかつてレイコインとモンローコインにも発生し、現在EOSにも同じような市況が現われた――EOSコインの価格が最近大幅に高騰している。

 「EOSは現在韓国での取引価格はプレミアム状態である、これは韓国の「キムチプレミアム」とさほど区別がない、」CrowdfundX CEOのダーレン・リス(Darren Marble)は、「これは去年1月と12月に発生した一つの現象で、韓国では、暗号化通貨の取引価格が世界平均レベルより高い」と表した。

 暗号化通貨と宝くじのゲームと一連の共通点がある。その内の一つはゲームをする人に大量な運が必要であること。もう一つの共通点は、この二種類のゲームは何れも大量は市場輿論の囲まれており、このような輿論はこれから現われる勝者により押されているのである。

 しかし、二者間で大きな相違点もある。某宝くじにめぐった噂は勝利する可能性を買えることができない。だが、暗号化通貨のゲームの中では、そうでもない。このような情況で、市場に某暗号化通貨に対する言論はこの通貨の価格の動向を大きく影響できる。これは、市場が違う暗号化通貨に対する声を追跡すれば、成功な暗号化通貨投資策略が生まれると意味する。

 暗号化通貨のブームは通常アジアから始まる、もっと具体的に言えば、韓国である。韓国では、投資者は暗号化通貨を政府の通貨管制から逃れる道具として扱い、それらに市場プレミアムを支払っても惜しまない。

 「プレミアムを支払う韓国投資者には他に選択する余地がない」とDASH Bug Bountyプロジェクト主管のジム・バーシュ(Jim Bursch)が述べた。暗号化通貨取引は彼らに政府が資本流出に対するコントロールから避けるようにサポートした、「キムチプレミアム」は市場が政府が設定した資本流動障壁に対する応えである。韓国人と世界上のあらゆるその他の暗号化通貨投資者と同じように理性であり、彼らは単純に暗号化通貨が好きだからプレミアムを支払うわけではない。

 某暗号化通貨がアジアで一晩で人気になれば、それが翌日にでも西方市場へ伝播される。EOS、レイコイン、モンローコインが引き起こした投資ブームは何れもこのモードに従っているようである。

 「四月では、EOSがcoinmarketcapトップ10のランキングで全ての暗号化通貨を超えた」、Blocktrade Capital創始者兼CEO のBen Marksはこう述べた、「取引量の大半はアジアから来ている、具体的な原因は未だにはっきりしていない。アメリカの暗号化通過は何れもアジアの取引者と関係があるようだ。しかも一つのプロジェクトがアジアで人気を獲得すれば、その効果による価格変動のスピードが他のあらゆる地区よりも速い。我々は以前モンローコインとレイコインからこのような現象が見られた。」

 しかし問題は、市場アービトラージが存在するので、「キムチプレミアム」のような市場の低効率は永遠に続くわけではない。そのため、投資者は「キムチプレミアム」に頼って次に勝利する暗号化通貨を選択する時に非常に慎重でないといけない。