ロシアは、仮想通貨に対して慎重を期したうえでアプローチを探っている。ロシア独自の仮想通貨の発行という計画もブロックチェーン技術を自国に取り入れる為だ。

 

また、ロシアでは仮想通貨取引における監視も強める方針を打ち出しており、ロシアだけでなく、全世界で同じような取り組みが行われ可能性もある。

 

その上でロシア中央銀行は、仮想通貨の熱が収まりつつあると見ている。

 

・ロシア中央銀行の見解について

仮想通貨に対する温度が落ち着きつつあると発言したのは、ロシア中央銀行の総裁ナビウリナ氏だ。

 

実際に、仮想通貨市場は2018年においては停滞と呼べるような状態にある。ハッキングやサイバー攻撃に対する取引所の脆弱性やリスクが表面化した為だ。

 

 

そして、ブロックチェーンの導入は世界中で進んでおり、最先端技術でありつつも限られた人々だけの限られた技術ではなくなった。つまり、ロシアとしても今後ブロックチェーン技術に対してさらに研究を深め、政府機関での応用も検討しているとみて間違いないだろう。

 

また、ロシアの中央銀行は実際のところ仮想通貨に対しては保守的であり、ロシアの政府機関の中でも最も疑い深く仮想通貨を見ていると言っても過言ではない。

 

しかし、ロシアの大手銀行は仮想通貨やブロックチェーンに対しては前向きな姿勢を見せており、中央銀行の態度とは相反するという構図を見せている。

 

・仮想通貨と銀行

JPモルガンを代表するように、銀行業務に銀行以外の企業が介入することを歓迎していない金融機関は少なくない。

 

銀行業務が仮想通貨に取って代わられるリスクがある為だ。しかし、仮想通貨が目指すものと銀行業務は、お互いに競合するばかりではなく、お互いのメリットを最大限に受け取れば強い相乗効果が生まれる。

 

もっとも、金融機関中でも中央銀行の仮想通貨に対する態度は国によって大きく違うのも事実だ。今後、ロシアの中央銀行が仮想通貨とブロックチェーン技術に対してどのような評価を行い運用していくのか注目だと言えるだろう。