ビットコインはバブルであり、ポンジースキームであるなどのマイナス的なニュースが少なくない、ビットコインを指示する声が時々マイナス的なニュースに沈んでいる。さて、今からビットコインに対する典型的な攻撃、及びコミュニティが如何にこれらの攻撃に応じているのかを分析しよう。

1.ビットコインの価格が高すぎる

 現時点ではビットコインの価格が歴史記録より60%以上も下落しているが、本文を書いた時に、ビットコインの価格は9,000ドル前後であり、この価格は依然として多くの人が市場への進出を遮った。2017年半ば以来、ビットコインはずっと新聞とウェブサイトが報道するホットポイントである。しかし、大半の人は未だに自分がビットコインが買えることがしらない。以上の情況に基づいて、1個のビットコインを1億個のSatoshis(最小のビットコイン単位)に分ける。60万ドルに相当する一本のゴールドバーが変えないが、ゴールドコインの購入や126ドルのゴールドETFに投資する形式を通じてゴールドを購入することができる、ビットコインを買うのも同じ理屈である。

 

 ビットコインの総数は2,100万個あり、世界人口を70億と仮設すればm、一人当たり0.003個のビットコイン、即ち30万個のSatoshisがあると意味する。以前失った300-400万のビットコインも加算すると、真実な数字は一人当たりで22万~25万個のSatoshisがあるかもしれない。

 この問題は2017年年末の暴騰相場を促進した。当時全ての1ドル以下のトークンが突然高騰し始めた、その理由は多くの人がそれらが「安い」と思ったためである。各種トークンの発行量が違うので、単独のトークン価格は実はさほど重要ではない、重要なのは市場価値と将来である。高騰相場の後、大半のトークンは80%以上下落した、それは今までの上昇幅は最初から意味がなかったからである。

 覚えて欲しいのは、世界の億万長者はビットコインよりも遥かに多い、なので一個のビットコインの価格は瞬く間に正確な基準ではなくなり、基準は0.001個のBTCになり、ひいては1個のSatoshisになるかもしれない。現在ビットコインの市場価値は1,200億ドルであり、そしてドルM2通貨(現金と短期通貨性負債に使用される)の供給量は14万億ドルであり、全ての採掘したゴールドの価値は8万億ドルであるため、ビットコインには依然として大きな上昇空間がある。一個のビットコインが9,000ドルで、或いは1個のSatoshisの価格が0.009セントの時に、あらゆる人でも投資できる。