新民ネットの報道によると、上海市法学会金融法研究会インターネット金融法律実務研究センターが主催する「金融科学技術の革新、監督管理と法治セミナー」が上海で開催され、中国人民大学経済学院の程華助教授は、Libraの挑戦にどう対応するか、国内では主に3つの音があるという。第一はアリ、テンセントなど国内の多くの大手企業がLibraの100社のメンバーシステムに参加できるかどうかです。第二の音は中央銀行のデジタル通貨の発売を加速することです。第三の音は中国国内の大手インターネット企業が連合チェーンを作ることです。