Decyptが5月6日に伝えたところによると、ビットコインの開発者たちは半減前の数週間でもうてんてこ舞いしています。4月だけで、Bitcoi Coeは510回のコードを提出しています。ビットコインが誕生してからのどの月よりも多いです。
コード提出とは、コードがGithubサイトにアップロードされることを指します。これはソースコードプロジェクトの人気サイトです。ビットコインコードはこのサイトに委託しています。
統計によると、2018年4月だけでなく、2019年10月と11月の提出数は今年4月に近いです。当時の毎月の提出数は400回以上ありました。
Bitcoi Coeはビットコインブロックチェーンを実行する最も一般的なソフトウェアです。
ビットコインブロックチェーン標準と呼ばれるBitcoi Coeはビットコインのクリエーターの中で本聴が発表したもので、今もこのソフトを使っています。
Bitcoi Coeの開発資金の一部はマサチューセッツ工科大学からのデジタル通貨計画です。
一部の開発者はフルタイムで働いていますが、ほとんどの開発者が参加できます。
GitGit Logのデータによると、現在800人以上がBitcoi Coeに貢献しています。
まだ分かりませんが、なぜ4月にこんなに多くのコードの提出回数がありますか?
「Amichateu」というユーザーは、これは新しい冠ウイルスの間に隔離が必要なためかもしれないと考えています。彼は「プログラマーたちがもっと自分の仕事に専念できるようになります」と話しています。
もう一つの理由は、開発者たちは、来るべきビットコインを半分にするためにコードの準備に忙しいからです。
半減後、ビットコインブロックチェーンプラットフォームで新たなブロックを検証した後、鉱夫が獲得したブロックの奨励は半減されます。
半分の硬貨コードがビットの貨幣協議に入っています。四年ごとに一回ずつ行います。
第三回半減計画は来週の火曜日に行います。
しかし、5月の最初の5日間でビットコインコードの提出速度が遅くなりました。これまでのところ、今月は10回しか提出していません。
開発者は心を半分にしたのかもしれません。
今年3月、Bitcoi Coeのコードがネットで公開されました。
ビットコインの発展を審査されないためです。
ビットコインは中心化された通貨で、マネーロンダリングやテロファイナンスに使われる可能性が懸念されています。
そのため、政府は自分の国の公民がビットコインのコードバンクを守ることを阻止することができます。
しかし、今まで開発者がいつよりも忙しいことを考えると、政府はなかなか止められないようです。
本論文Decypt Media.com翻訳を許可する