CCN報道によると世界最大の海運会社マースク グループ (Maersk) は既に初の海洋保険ブロック チェーン プラットフォーム Insurwaveを配置した。この会社はソフトウェア セキュリティ プロバイダー Guardtime と会計事務所安永の合弁会社である。 マースクは、このシステムの実験を行い、船体保険に適用した。 Seatrade 海事ニュースによると、マイクロソフト Azure は、プラットフォームへACORD 標準に基づいたブロック チェーン技術を提供している。 マースクのリスクと保険の部長Lars Henneberg氏は本プラットホームの利用によって元の手動プロセスの自動化を実現できる、また会社は世界中に分布される350せきのコンテナー船の効率低下に関する問題を減少させられると述べた。本技術は 1000せき 以上の船舶のリスクを管理し、1 年目で500,000件以上の取引をサポートする。 また世界最大級コンサルティング会社のうち二社:ウィリス タワーズワトソン と信利保険会社(XL Group Ltd)もプラットホームを利用しているという。