Bitcoin.com4月30日の報道によると、日本のSBI株式会社はその暗号化通貨取引の新企画を発表した。当社はすでに発表時期の目標を設定済みで、主要な暗号化通貨をリストアップしようと準備している。該当グループのチーフ執行官は、新しい取引所が「瞬く間に世界一になる」と予測している。

 先日のニュース発表会で、総裁兼チーフ執行官のYoshitaka Kitaoは、当社は夏に暗号化通貨取引業務を正式にスタートすると計画していると披露した。該当取引所は他の取引所と違って、自己整備する取引所である。日本ビジネス内部情報ネットの報道によると、1月30日以来、SBIバーチャル通貨はずっと少数の顧客に限られたサービスを提供している。

 情報によると、SBIはこの前取引所が遅くとも今年の年初に公開すると発表したが、ファイアコイングループとの連携に決着がついておらず、且つCoincheckのハッカー攻撃事件に影響され、計画がやむを得ず延期した。グループ総裁のYoshitaka Kitao氏は、取引所の正式公開時間は初歩的に今年の夏に決められていると披露した。

 今回、日本金融大手のSBIグループはデジタル通貨取引所を打ち上げる計画をしており、BTC、BCH、ETHとXRPを含めた主流デジタル通貨取引をサポートする。

 情報によると、日本は世界で一番早い暗号化通貨に対して比較的に有効的な態度を示した国の一つであるが、複数の取引所の盗難事件などの要素の影響で、本土取引時に対する監査規制が厳しいのである。

 ダチョウブロックチェーンの情報によると、4月11日、日本金融管理監督機構はCoincheckがハッカーに侵入されたあと、暗号化通貨取引所を登録するルールとプラグラムを修正し、多くの取引所の安全措置に対して検査を行った。管理監督機構はその目的が暗号化通貨業界を再構築するためであると述べた。

 その後、証券会社を主流とした35社の日本の大型企業は「証券コンソーシアム」を設立しようとしている。このコンソーシアムの目的に一つは、まさに分散式記帳技術、人体識別及び人工知能化などのハイテックが金融施設における具体的な使用を検討することである。

 当コンソーシアムは、分散式記帳記述はバーチャル通貨を基礎としているが、それに限られておらず、この技術を運用して金融機構システムの安定性、機敏性及び効率性を高めようと試みている。35社の企業に、三菱UFJ、SBI、GMO、Monexなどの数多くの業界大手が含まれている。