インターネット金融安全技術専門家委員会とインターネット金融安全技術工業と情報化部の重点実験室は、仮想通貨プラットフォーム詐欺の罠に警戒すると発表した。相互金専務委員会は、偽の仮想通貨は、不正な資金収集などの不正行為の疑いがあり、被害者の権利保護の困難などの高いリスクがあると考えています。調査を経て、2018年4月までに、専務委員会は累積した仮想通貨421種を発見し、その中には60 %以上の偽通貨サイトサーバが海外に配置され、このようなプラットフォームは発見しにくく、追跡することができない。