ゴールデン・ファイナンシャルの現地報道によると、6月27日にサンノゼコンベンションセンターで開催されたブロックチェーンコネクト会議で、CertiKの共同設立者である顧栄輝氏はゴールデン・ファイナンシャルのインタビューでブロックチェーンのセキュリティ問題について語ったという。「セキュリティ企業は、収益性の維持だけでなく、社会的責任を果たすことも考慮する必要があります。現在のブロックチェーンセキュリティの問題は、契約層から来るだけでなく、公的なチェーンや取引所にも存在します。抜け穴を暴露させるだけでは、安全でない状況を本当に解決することはできません。セキュリティー企業に名声を与えることも、もっと重要です。セキュリティ会社は、公開チェーン、取引所、スマートコントラクト層がバグを取り除き、コードが実際に安全な状態にあることを証明するために技術的検証を使用して、ブロックチェーンプロジェクトの価値を高め、セキュリティ会社の社会的責任を果たすべきです。」顧栄輝氏は、CertiKによって開発された「フォーマル検証」技術についてさらに説明した:従来のテストおよびコード監査方法の代わりに、ブロックモデルのセキュリティを保証するためにコードモデルが設計モデルと一致することを証明するために数学的方法が使用されている。