このほど安徽省公安庁が記者会見を開き、2017年の安徽省の経済犯罪の全体的な状況を報告しました。2018年には、安徽公安調査部は、「金融協力」「仮想通貨」「消費リベート」「慈善チャリティー」などを装ったネットワーク商法の罪について説明。大宗商品、文化芸術品などの取引場所と会員単位の経済犯罪に打撃を与え、金融機関の不法集権に打撃を与える。今年の防犯や攻撃に対する不法集権などの様々な経済犯罪の面で明らかな進展を目指すとした「タクチ2018」の特別な行動を続け、さらに責任担当を強化し、国内の基礎仕事と国外の法律執行強化を着実に展開することに力を入れる。そして盗品の特別な追跡を行なう。