昨日の投票では、降車者が多かったです。2年余りの熊市では、ほとんどの人が熊市の考えを持っていました。16000円の円盤の価格はすでに高くなりました。歴史的にも12日間の価格だけがこの位より高いです。理論的には、このように長い間、各種のストップロスが売られています。低価格のギャラは低コストで、円盤はもう難しいです。特に十分に手を変えた後に、新しい入場者は価格に対してもっと高い予想を持っています。低価格の予想者はもう市場に影響を与えられません。円盤の値上がりは違っています。歴史的な価格によって、9000円以上の餅はすでに「高位」と言われています。そのため、多くの人が手に持っている餅を売って、「下位」に見える主流に変えてしまいます。
主流の人たちは違いがないです。餅があまりにも膨らみすぎて、いつも栄養補給が必要です。多くの人がそう思っています。これも主流の貨幣長の時です。TIMEOUT}ビットコインはまだ持っていますか?
相場:

BTC日の内の円盤は回転を始めて、時間のレベルは見にきて、双頂の構造、何本の平均線は下に発散して、暇な形態を見ます。日線レベルは、最近の三本のK線も、夕暮れの星の形になっています。同じ空を見る形です。しかし、平均線の下では依然として多頭構造であり、今回の下落は5日線の支持力を試しています。もし破位すれば、引き続き逆転の勢いがあります。周线の形态はまだ完全で、接収线に近くて、上影线もそんなに长くないですが、上げ幅は先周より低くなりました。週末の二日間、グレースケールはそちらが出勤しないので、市場の自信が足りないです。一部の多くのお客さんが平倉を選ぶのは市場価格の下落の主な原因です。しかし相違は依然として存在していて、多空のゲームの顔はまだ存在していて、だから成り行きはここで終結を宣言することができません。
ETHこの二日間の動きは弱く、時間レベルは四時間レベルとも上昇の破位として表れています。位は割れにくく、17日のUNIロック解除もあいまって市場を空視しています。破位した以上、新しいバランスを整えてから攻撃を開始します。
LTCまず底から抜ける主流ですよね。今日は下落が大きいのは昨日の上昇が激しいからです。しかし、基本的な面は他の主流よりいいです。だから、主流の上のロジックは強いものを選んで弱いものを選ばないことです。他の貨幣は全部出てきません。
お餅が短期的に反転すると、みんなが先日買った強いDeFi概念貨幣は、減倉の減倉です。これらの貨幣の弾力性がもっと大きいからです。train.